2匹目を迎える時のポイント
2015/07/15 11:00更新
新しいわんちゃんを迎え入れる理由は様々。先住犬と仲良くし、スムーズに家族になるためのポイントを紹介します。

2匹目を家族に迎えるときに

 ペットショップでかわいい子犬を見つけた、今の子にきょうだいを作ってあげたい、飼っている犬が亡くなったら寂しいから…2頭目のワンちゃんを家に迎えるには、さまざまな理由があると思います。しかし、気になるのは先住犬との相性です。スムーズに受け入れて、仲良く家族になってもらうにはどうしたら良いのか考えましょう。

image by pixabay,JanDix,https://goo.gl/aTSZ6m

 

 

先住犬の性格を考えましょう

 まず、先住犬の性格を考察しましょう。知らない人や他のワンちゃんに対する態度はどうですか。新しいものや初めて行く場所に、すぐ適応できますか。飼い主さんの言うことをきちんと聞き、問題になる行動はしませんか。これらの事柄で心配になることがあれば、まずはそれを解消させることを優先した方が良いでしょう。新しいワンちゃんを迎え入れたことが、先住犬の持つ問題をさらに悪化させるなど、先住犬を真似して同じように問題行動のある犬になるかもしれないからです。

image by pixabay,jarmoluk,https://goo.gl/O2Y8vU

 

 

スムーズに「家族」となるために

 2頭目を飼う場合、一般的に先住犬よりも若く、性別が異なる犬の方が良いと考えられています。特に子犬は、先住犬の行動を真似て自然とマナーを覚えていくので、成犬よりも子犬を迎え入れる方が心配ごとは少ないでしょう。もしも性別が同じ成犬同士で買う場合は、飼い主さんが細心の注意を払って、環境作りをしなければいけません。先住犬にしてみれば、知らない犬がいきなり自分のテリトリーに入ってきたと思うと、決して良い印象は持たないでしょう。もしかすると「敵」と認識してしまうかもしれません。最初が肝心。まずは、適度な距離を置いて、徐々に2頭を近づけていくなど、時間をかけて慣らし、先住犬に新しい犬も「家族の一員」だと理解させることが大切です。

image by pixabay,lolsanches,https://goo.gl/j63FMs

 

 

どちらが上?犬の力関係

 さらに気をつけなければいけないのが、先住犬と新しい犬の力関係です。名前を呼ぶときやブラッシング、エサを与える順番など、優位に立つ方を先にします。基本的には、先住犬を優先するケースが多いかと思いますが、もし新しい犬の方を優位に立たせる場合、先住犬が受けるストレスも心配されますので、きちんとしたフォローが必要です。また、一方だけを可愛がることなく、食事も遊びも平等に接するように心がけましょう。

image by pixabay,Kapa65,https://goo.gl/5E5vQs

 

 

どうしてもう1頭ほしいのか よく考える

 新たにもう1頭増やしたい、その背景にはさまざまな理由があるでしょう。ですが、人間の欲求で簡単に叶えてしまうのではなく、すでに同じ時間を過ごしてきた先住犬のことを一番に考えて行動することが大切です。また、犬が増えると経済的な負担も倍になります。ワンちゃんが病気になってもお世話ができますか。万が一、飼えなくなったときにフォローしてくれる環境はありますか。人間の都合で不幸なワンちゃんをうまないよう、今一度よく考えて、新しいワンちゃんを家族に迎えてください。

image by pixabay,bcgwebdesign,https://goo.gl/9ETH7Z

 

 

835041326e200332722a57de3f9e2d95
HADAKA DENKYU

北海道を拠点にライター・映像制作をしております。

HADAKA DENKYU 星野です。ミニチュアシュナウザーを2匹飼っています。

ワンちゃん動画を撮ったり、体験ライターをしたり、グルメレポーターをしたり、大自然の中でのほほーんっと暮らしています。

どうぞよろしくお願いいたします!

Others By